キャスティング練習

今日は師匠と久々に豊平川へ練習しに行きました(^^)

連日馬鹿みたいに降り続いた雪は河原に60センチ以上積もっている。
しかし最近買ったスノーシューという強い味方がいる✨
心をウキウキさせて履いてみると、ある時とない時では大違い❗️
これは良い買い物をした🎵

息を切らしながらようやく河原へ到着
f0372720_16155559.jpg

今日はbeulah プラチナムスペイ6番にハーディパーフェクト3 5/8 コマンドヘッド200grを用意。
いつもは6番には300grをのせているのだが、遊び心から200grを試してみることに。
適合grから約100grも軽いのでアンカーコントロールがシビアにはなるが7センチのDirtyHohを問題なく10手繰り程度のランニングラインを綺麗に伸ばしてくれる。
実際には7手繰り程度のキャスティングが出来れば十分なのだが練習の時は最低10から14手繰りのランニングラインを出すようにしている。
これは実際の釣り場でどうしても遠投しなければならない時、普段7手繰りしかキャストしてないのにいきなり12手繰りを綺麗にターンオーバーさせれないのが理由の一つ。
二つ目が普段から10手繰り以上をキャスト出来ていると7手繰り程度は余裕を持って綺麗にターンオーバーさせることが出来るから。
キャパの問題ですね。
実際の釣り場で手前の流れをかわしてフライを届けなければならないシーンは多々あった。

しかしこの6番に200grの組み合わせは凄く新鮮で楽しく、実際に釣り場で使うことが多くなりそうな気がする。
実際には250grぐらいがストレスなく出来ると思います。
興味のある方は是非お試しください。




[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-12-12 16:07 | Comments(0)

12/8釣行記

12/8この日は道南河川へ。

前日の12/7は道南の釣友宅で忘年会だった。

f0372720_11233878.jpg
あんな素晴らしい会に参加させてもらって本当に良かった。
来年も宜しくお願い致します(^^)

そして12/8の釣行はというと
久々のアタリが🎵
11月からアタリすらなかったので、このアタリで一気にやる気全開‼️
しかしその後もアタリはあるものの一向にのらない。
原因ははっきりしていて、アタリがあるのは全て岸際でスイング終了もしくはその手前。
魚のサイズが小さく流れが緩いところに着いているので、しっかりフッキングしていないのだろう。
フックサイズを落として合わせを入れたりリトリーブしてやれば釣れるのだろうが、今回はあえてDirtyHohのスイングに拘ってみる。
少し流れの強い瀬尻から右岸にかけて緩やかな流れに変化した付近に複数の落石があり、そこを丁寧に探ってみると「グン、グン、グッググー」と待望のヒット‼️
ロッドから魚がヘッドシェイクしている感覚が伝わってくる、これはアメマスかな?
特別走るわけでもなく1回の寄せでネットイン。お腹の白い40半ばの綺麗なアメマス(^^)

f0372720_12095789.jpg
魚体が細くファイトに物足りなさは感じるが、アメマスは本当に綺麗な魚だ。
相手をしてくれてありがとう😊

今年も残すところあと20日とちょっと。
最後の最後まで流れに立ちたいと思う。


[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-12-09 09:23 | 釣行記 | Comments(0)

プライヤーシース

今回はプライヤーシースの作成🎵

プライヤーはLEATHERMAN WAVE

f0372720_23022908.jpg

これを納めるシース作製という事で型紙作成から始める。
プライヤーシース作成は今回初めて。
あーでもないこーでもないと色々考えては型紙を作成する。
型紙が作成できたら次は革の裁断。
裁断後型押しで立体的に。
f0372720_23083639.jpg
全てのパーツが出来たらひたすら組み上げる。

そして完成🎵
f0372720_23094811.jpg
f0372720_23101689.jpg
初めてにしてはうまく出来た(^^)
次は何を作ろう。


[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-12-06 23:00 | Comments(0)

イントゥルーダー

イントゥルーダーを巻いてみました
今回はイーグルマラブーとフォックステールを使用
f0372720_23263153.jpg
少しずつタイイングも上達してきたかな
新しいバイスとマテリアルが欲しいきょうこのごろ

[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-11-17 23:24 | Comments(2)

久々の投稿。
ランディングネットのシースをお世話になってる先輩方に作成することになり、コツコツ作業を進めてました。
お湯でレザーをふやかして
f0372720_23131188.jpg
型押しして、菱目打ちで穴を開け
f0372720_23153514.jpg
縫い合わせてはい完成
f0372720_23164905.jpg
実際は他にもたくさん工程はあるけど省略省略。そのうち気が向けば載せます。
今回二つ作成したのでこれで3号まで作成したことになるが、それぞれベルトループの形などが違うのです。
年内にまだあと一つ作る予定があるので頑張らなければ。


[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-11-17 23:11 | handmaid | Comments(2)

インスタネット作成④

久々の更新です。
インスタネットの状況ですが、更新をサボってる間にコツコツ作業を進めてました。
そしていきなり完成(笑)
f0372720_10351551.jpg
グリップもシースもネットも全てハンドメイドです。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました(^^)
おかげで満足いくものが作れました❗️
次は奥様のネットを作成予定です。

[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-10-26 10:29 | Comments(2)

9/29釣行記

9/29初めて行く河川へ入った。
いくつかここにいるだろうと思わせるプールがあったが20センチ以下の虹鱒からしか反応がない。そのまま釣り下ると瀬が点在しており少々流れが早いかな?というところで40前後の虹鱒が食ってきた。フライはウェット。流れに乗って走ったりジャンプするが無事キャッチ。
f0372720_12220931.jpeg
とりあえず一匹キャッチしたので、フライをダーティーホーへチェンジ。
そのまま釣り下り良い感じの瀬にたどり着いた。
瀬の奥に落ち石がありちょうど流れが巻き込んでいるような流れ。
まずは直角にダーティーホーをキャスト。
メンディングなしでそのままスイング開始するかしないかでジィーーっとパーフェクトがなる。
先ほどの鱒とは明らかに違う重量感。
寄せては走られを5回程繰り返しなんとかキャッチ。
f0372720_12282093.jpeg
f0372720_12284454.jpeg
少しワニ顏がかったカッコ良い虹鱒だった。
その後同じポイントで再びウェットに結び替え40アップを三匹追加。
こう良い型の鱒を連続して釣れるとはなんてついているんだ。
北海道というフィールドと釣れてくれた鱒に感謝。

[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-09-30 12:14 | Comments(0)

インスタネット作成③

前回問題だった鬼目ナットはEタイプのねじ込み式からAタイプの打ち込み式へ変更。
長さは10ミリの物しかない為、鉄ヤスリで6ミリほどに削った。
f0372720_22465130.jpeg
真ん中が元のサイズで、両サイドのものが削った後のもの。
そしてこれを打ち込んでいくと
f0372720_22490643.jpeg
いい感じ🎵
真ん中のグリップ材にフレームの切り込みを入れて、グリップ材三枚全て準備完了。
f0372720_22504955.jpeg
三枚合わせると…
f0372720_22523299.jpeg
何となく形になってきました。
グリップ材を削って形を作りネットを作成すればほぼ完成。
のハズだった。
f0372720_22543744.jpeg
フレームを畳もうとしたところやはり真ん中のグリップ材が破損。
黒檀使用しているので素材としては硬いが、それでもフレームの硬さに耐えられない。
フレームをはめる為の切り込みの入れ方にも半分問題はあるが、そうでなくても数回の折りたたみで確実に壊れていた事だろう。
今回の失敗を活かし次は真ん中のグリップ材を再作成し、フレーム材は別なスプリングを購入して試してみる事にしよう。

[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-08-30 22:41 | Comments(2)

インスタネット作成②

夜勤前に少し作業。
前日切り出した木材を形成する為に張り合わせてみる。
f0372720_14355455.jpeg
まずはボルトの穴を電ドリで開ける。
3枚とも貫通させて板をボルトとナットで固定するのが1番シンプルで簡単そうだが、自分的に見た目がNG。
せっかく作るなら納得いくものを作りたい。
しかしどうすれば三枚目の板からボルトを貫通させる事なく固定する事が出来るのか。
色々考えた結果が↓

①シンプルに接着剤で接着する。

②鬼目ナットを3枚目に取り付ける

①の方法がシンプルで良いのだろうが、問題はメンテナンスができない事。
今回は3枚のグリップ材を合わせて作成する為、後々のメンテナンスを考えるとバラせるのが1番。特に今回は強化スプリングを使用する為、スプリングを固定する真ん中の板が破損する可能性が極めて高い。
接着剤を使用すると素人の自分には補修する術などないのだ。(方法はあるかもね)
という事で消去法で②の鬼目ナットを使用する方法に決定。
しかしまたここで問題が。
3枚の板の厚さはスプリングの幅に合わせて8ミリ厚なのだが、自分が良く行くホームセンターには10ミリが1番短いサイズ。
このままだとはみ出るか貫通するしか方法がない。サンドする板の厚みを13ミリぐらいにしておけばよかった。
仕方がないので二枚目の板にも鬼目ナットの頭を入れる事に。
そして新たな問題。鬼目ナットが六角レンチで締め込む際、頭に亀裂が入る。仕方がないので下穴をさらに拡大するがやはり何度も閉めたり緩めると頭に亀裂が入る。
どうしたものか。違う鬼目ナットを探すか、サンドする板の厚みを変えるしか方法はなさそうだ。この考える行為が苦しくも楽しいね。さて鬼目ナットを探しますか。

[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-08-29 14:33 | handmaid | Comments(0)

インスタネット作成①

前々から欲しかったインスタネット。
銘木でグリップ作成している物の購入も考えたが、自分で作成してみる事に。
以前普通のランディングネットを作成した事はあるが、インスタネットの作成は初めてだ。
ネットで調べるも情報があまりにも少ない。
とりあえず材料を購入し、イメージを固めようと注文。本日全ての材料が届いた。
f0372720_02010966.jpeg
フレームのバネは強化フレームを注文したのだが、想定外の反発力。
これじゃあバネの力でグリップがすぐ割れてしまうのではないか。グリップと合わせてしっかりと折りたたむ事が出来るのだろうか?そんな不安しか浮かばない。
ウダウダ考えても仕方がないのでとりあえずグリップを切り出した。
f0372720_02131097.jpeg
大雑把な切り方だが、ここから形成していくのであまり気にしない。
これからネットを編んだり、シースを作成しなければならない事を考えると気が遠くなる作業だ。ちなみにレザークラフトは10年ほど前に道具を買ったが一度もやった事がない。
まぁ、気長にやりますか。


[PR]
# by northlandhokkaido | 2016-08-29 02:00 | handmaid | Comments(0)